たまやん先輩の雑記ブログ

たまやん先輩の豆ブログ

様々なことをブログに書いていこうと思います。目に留まったものがあればぜひご一読ください。

【雑記】京ばあむを食べてみての感想・食レポ。お土産に最適!

どーも。たまやんです。

 

先日職場の同僚より京都のお土産に「京ばあむ」というものをいただきました。

それを食べてみての感想を書いていきたいと思います。

 

 

京ばあむの概要

f:id:TamayanSenpai:20191108211037j:plain

京都の地下水でつくった京都産の豆乳と、口溶けの良い国産100%の小麦粉を合わせたスポンジ生地。そこに、宇治抹茶と煎茶をブレンドした抹茶生地を層に重ねました。
厚みはスタンダードな厚み3.5cmと、しっかりとした厚み5.25cmの2種類ございます。京都のお土産に、みんなのおやつにお気軽にお求めください。

引用元:http://kyobaum.shop

 

京ばあむを食べてみた感想

 箱と中身はこんな感じです。

f:id:TamayanSenpai:20191108211344j:plain

抹茶/バウム/抹茶でサンドされています。

しかし単純にそれだけではないところがすごいのです。

外側の抹茶部分は抹茶味のシュガーをまとっているのです。

f:id:TamayanSenpai:20191108211644j:plain

そして口に入れてみると……

シャリっとした抹茶シュガーの甘みが口に広がり、その後に本来のバウムの味が少しずつ広がっていく。そして抹茶の風味が鼻に抜けていく……。

 

抹茶シュガー独特の甘みとバウム、抹茶バウムが足された絶妙なバランスの味が私の味覚を支配し、食べ終わった後は抹茶の余韻が残るというような感じでした。

 

単なる抹茶味のバウムとはひと味違い、個人的には3段階の味を楽しめる素晴らしいバウムだったと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

京ばあむ。ぜひ京都に行ったときはお土産に買われてみてはいかがでしょうか?

ちなみにオンラインショップからでも買うことができるので、興味のある方はぜひこちらからどうぞ!

www.otabe.jp

Amazonからも購入できます!