たまやん先輩の雑記ブログ

たまやん先輩の豆ブログ

様々なことをブログに書いていこうと思います。目に留まったものがあればぜひご一読ください。

(雑記)天皇陛下の即位パレード延期へ 即位礼正殿の儀、祝日はどうなる?

どーも。たまやん先輩です。

 

本日「天皇陛下の即位パレード延期へ」というニュースが流れましたね。

 

台風19号で甚大な被害が出ている中パレードを行うことはよろしくないだろうということで、延期になる模様。

ん?待てよ?

そうなればもともと祝日であるはずの10月22日は祝日ではなくなるのか?

との疑問が浮かびますよね。

 

実際のところどうなのか調べてみました。

 

 

そもそも即位礼正殿の儀とは?

 Wikipediaより以下引用

天皇が自らの即位を国の内外に宣明する儀式であり、諸外国のいわゆる「戴冠式」や「即位式」に当たる。このため国内外から賓客が招かれ、特に国外においては国家元首あるいは首脳が参列する。

古来、大内裏内の大極殿、大内裏が廃絶して以降は京都御所内の紫宸殿で行われた。明治2年(1869年)の東京奠都を経た後も、1889年(明治22年)公布の旧皇室典範で『「即位の礼」と「大嘗祭」は京都で行う』との規定により、大正天皇および昭和天皇の即位礼は京都行幸の上で「即位礼紫宸殿の儀(そくいれいししんでんのぎ)」として行われた。1947年の皇室典範改正では第二十四条に「皇位の継承があつたときは即位の礼を行う。」とあるのみでその斎行場所についての記述がなくなった。平成2年(1990年)11月12日の125代天皇・明仁の即位礼は東京・皇居で行われることになり、名称も「即位礼正殿の儀」と改められた。

当日はいずれも国民の休日となる(根拠法は、平成時は「即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律(平成二年法律第二十四号)」、令和時は「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律(平成三十年法律第九十九号)」)。

引用元:即位礼正殿の儀 - Wikipedia

 

10月22日は祝日のままなのか?

結論から述べると、即位パレードが延期になったというだけで、即位礼正殿の儀はそのまま行われるようなので、10月22日は祝日のままです

 

「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」という法律によって、祝日となることは確定していることです。パレードが延期だからといって祝日も延期されるということはありえないということです。

 

よかったですね。今さら祝日が延期になったりすると気分的につらいし、前もって予定を立てていた人は大きく狂わされてしまうことになりますよね。

 

まとめ

即位パレードが延期されるからといって祝日が延期されるということは絶対にないということです。

 

私のような若輩者は天皇にそこまで大きなこだわりはありませんが、祝日としてくれることには大変感謝しております。

 

即位礼正殿の儀を観るのもよし、家族や友人とどこかにでかけるもよし。

せっかく天皇がくれた祝日です。有意義に過ごしていきたいものですね。