たまやん先輩の雑記ブログ

たまやん先輩の豆ブログ

様々なことをブログに書いていこうと思います。目に留まったものがあればぜひご一読ください。

『ぼくたちは勉強ができない』桐須真冬先生と成幸の行く末を考える。五等分の花嫁 中野父マルオより学んだこと。

どーも。たまやん先輩です。

 

『ぼくたちは勉強ができない』に登場する桐須真冬先生と成幸の行く末についていろいろと考えてみたくなりました。

 

ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

なぜかと言うと、今週の五等分の花嫁を読んで、改めて中野父マルオより教師と生徒が結ばれるという可能性を垣間見ることができたからです。

f:id:TamayanSenpai:20191002205107j:plain

五つ子の母「零奈」とマルオが「教師と生徒」という垣根を越えた関係になったということ。

再婚?と呼ぶべきなのか、肉体関係はあったのか詳細は分かりません(ですよね?)が、零奈の娘たち5人を責任を持って引き受けたということを考えると、少なくとも「教師と生徒」という垣根は越えていることがわかります。

まぁ、今更何を言ってるの?と思われるかもしれませんが、今週の五等分の花嫁を読んだ事で、よりマルオと零奈の関係性について知ることができたかと思います。

 

そう、マルオさんに感謝です!!

少年誌でも「教師と生徒」という垣根を越えた関係性になれるということを証明してくれたのです!!

 

と、いうことはですよ。

真冬先生と成幸だってその関係になれる可能性は十分にあるのではないかと!

少年ジャンプでタブー視されてきた『教師エンド』というものを見てみたいのです!

(以下単行本派の人にはネタバレあり)

f:id:TamayanSenpai:20191002210336j:plain

連載当初から成幸は、文乃や理珠と真冬先生が和解することを望んでいました。

今週のジャンプでついにその望みを叶えることができたのです!!

f:id:TamayanSenpai:20191002210718j:plain

成幸はこのことを切実に願っていたはずなんですよね。

そりゃ、感慨深くて泣きますよね。

このシーンを見たときには私も感慨深くて涙腺が崩壊しましたもん。

 

さ、本題ですが、さすがに在学中に真冬先生と結ばれるということは法律上よろしくないところもあるのでそれはないかと思います。

 

しかし!!

 

センター試験も終わっており、卒業までの日数は短くなっているのです。

そうです。卒業してから「教師と生徒」だったものが結ばれる分には何も問題がないんですよね。

零奈とマルオが結ばれた?のも卒業してからのはず?なので、卒業してから結ばれるということは十分にアリエルと思うのです。アンダー THE シー(小ボケ)

実際のところ真冬先生も卒業後ならオッケーな雰囲気を出していますからね!

f:id:TamayanSenpai:20191002211540j:plain

乙女な顔をしていらっしゃるわ。

 

それと個人的に思うことなんですが、文乃・理珠・うるかの3人の中から誰か一人が結ばれるとなると残りの二人がとても辛いと思うのです。

みなさんが予想する可能性としてはうるかが有力かと思いますが、ここであえて第三者の立場にいる真冬先生と結ばれることで、その3人の辛さは軽減される?のではないか?とも思ったり。

すいません、これは勝手な主観での解釈なので「そんなわけねーだろ」と思ったらすいません。

 

あと一点思うところは、人気投票での真冬先生の人気の高さです(笑)

これはもう引くに引けないところまできているダントツぶりでしたよね。

f:id:TamayanSenpai:20191002212127j:plain

相変わらずすごい票数です(笑)

ひとりの人が大量に票を入れているのか、もしくは多人数に人気があるのか詳細は不明ですが、これは無視できない結果ですよね。

しかし、これに左右されて最終的な結末を変えるということはないと思います。

こちらは参考程度に心に留めておきましょう。

 

まー、個人的には文乃エンドが可能性大と思ってはおりますが、真冬先生エンドにもおおいに期待していきたいところですね。

最終的には、どんな結果になろうとも筒井先生が描いた結末を尊重したいです。

センター試験も終わり、物語も終盤に差し掛かってきていると思います。

終わりが見えてくることは寂しいですが、最後の結末を楽しみに読み続けていきたいと思います。

 

では、今日はこの辺で。

 

tamayansenpai.hatenablog.com

tamayansenpai.hatenablog.com