たまやん先輩の雑記ブログ

たまやん先輩の豆ブログ

様々なことをブログに書いていこうと思います。目に留まったものがあればぜひご一読ください。

< GA文庫>ラノベ『友達の妹が俺にだけウザい』通称妹ウザ 感想記事

どーも。たまやん先輩です。

 

ライトノベル『友達の妹が俺にだけウザい』通称妹ウザを全巻読了しまして、紹介も込めて感想記事を書いていきたいと思います。

 

友達の妹が俺にだけウザい (GA文庫)

友達の妹が俺にだけウザい (GA文庫)

 

 

若干のネタバレがあるので、ご注意を。

あらすじはAmazonより以下引用

馴れ合い無用、彼女不要、友達は真に価値ある1人だけ。青春の一切を「非効率」と切って捨てる俺・大星明照の部屋に入り浸るやつがいる。妹でも友達でもない。ウザさ極まる面倒な後輩。親友の妹、小日向彩羽。
「セーンパイ、デートしよーーっ! ……とか言われると思いましたー?」
血管にエナジードリンクが流れてそうなコイツは、ベッドを占拠したり、寸止め色仕掛けをしてきたりと、やたらと俺にウザ絡みしてきやがる。なのに、どいつもこいつも羨ましそうに見てくるのはどういうワケだ? と思ったら彩羽のやつ、外では明るく清楚な優等生として大人気らしい。
おいおい……だったら、どうしてお前は俺にだけウザいんだよ。 

表紙のめちゃかわいい女の子、おそらく友達の妹とイチャコララブコメが繰り広げられるお話なのかなー。友達の妹に翻弄されるイチャラブ展開が楽しみだなーと思いながら読み始めました。

ところがどっこい。もちろん友達の妹こと小日向彩羽ちゃんのウザ絡みという名のイチャラブは繰り広げられるのですが、軸になるお話がしっかりとあるのです。

主人公は超効率厨であり、自身がプロデューサーを務める5階同盟というチームを組んでゲーム作成をしている。天才プログラマー、イラストレーター、シナリオライター、声優などを率いて、従兄弟の父が経営する大企業への就職を目指し奮闘するといったお話が軸にあるのです。

なので、学校生活の中で勉強、体育祭、文化祭とよくあるラブコメ展開ではないため、ヒロインとイチャコラするラブコメを期待している人にとっては少々路線が違うかもしれません。

主人公がクラス内でぼっちで、クラスにはなんちゃら隼人君やなんちゃら優美子ちゃんのような人がいてクラス内での人間関係が~~といったような展開とはひと味違った展開です。

 

しかし主人公はやはり定番の鈍感君でして、彩羽ちゃんの好意にも気付かずじれったーいことや、途中から参戦する別ヒロインとニセ彼女契約をして~といったラブコメによくある展開も盛り込んでいるところはやはりラブコメですね。

定番のラブコメ展開も盛り込みつつ、ストーリーとしては独自の路線を走っているところが斬新で非常に読み応えのあるお話でした。

現時点で2巻まで出版されており、もしかすると今後文化祭や体育祭といったラブコメ定番の展開を盛り込む可能性もあります。

しかし軸となるお話は『5階同盟チームで叔父の大企業に就職する』なので、高校生活のイベントを通して人間関係の成長を描くようなよくあるラブコメとはひと味違った面白さを見せてくれるはずです。

ちなみにこの作品でも登場する年上美人女教師キャラの影石菫先生は私の一番の推しです。

ぼく勉なら桐須真冬先生、俺ガイルなら平塚静先生といった年上美人女教師キャラをひたすら推してきた私ですが、やはり今回も登場の年上美人女教師キャラを推してしまいました(笑)

あまり言うと過度なネタバレになってしまうので言えませんが、影石菫先生はすごいキャラです。早めにどんでん返されます。

いやー、ここまで年上女教師キャラが好きということは、M気質があるということなんでしょうか?(笑)

ま、この辺は個人の趣味嗜好というところなので人それぞれでしょう。

しかし真冬先生の人気ぶりを考えると同士は多いという解釈で間違いないはず。

ラブコメには必ず美人女教師が登場するということは、それだけ需要はあるのでしょう!

とにかく、影石菫先生にもぜひ注目していただきたいところです。

2巻の終わりも衝撃の展開となっております!続巻が待ちきれないまであります!

あとやっぱイラスト担当のトマリ先生の絵は素敵すぎますね〜。

表紙の彩羽ちゃんのイラストに引き寄せられた人はきっと多いはず。

 

はい、今日はこの辺で終わりということで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

友達の妹が俺にだけウザい2 (GA文庫)

友達の妹が俺にだけウザい2 (GA文庫)