たまやん先輩の雑記ブログ

たまやん先輩の豆ブログ

様々なことをブログに書いていこうと思います。目に留まったものがあればぜひご一読ください。

ライトノベル『カンスト勇者の超魔教導<オーバーレイズ>』全巻読了 感想記事

どーも。たまやん先輩です。

 

全巻読了した『カンスト勇者の超魔教導』の感想+ご紹介の記事を書いていきたいと思います。

 

カンスト勇者の超魔教導<オーバーレイズ>?将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた? (HJ文庫)

カンスト勇者の超魔教導<オーバーレイズ>?将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた? (HJ文庫)

 

 

若干ネタバレあり?かもしれません……

 

最近異世界ものをちょこちょこ読んでいる私ですが、今回のカンスト勇者様はどういったチートぶりを見せてくれるのかワクワク……。まずどんな転生の仕方をするのかなーと思って読み始めました。

ところがどっこい。まずはバーキャ王国の姫さま「メイ・スキュール」が盗賊らしき奴らに襲われる場面からスタート。

あら?高校生が学校帰りに魔方陣に包まれて異世界転生しちゃった!?とかそういった流れではないのか!?と恐れおののきました。

姫様が主人公なのか……?と疑問に思いつつ読み進めてみる。

襲われている姫様のところになにやら幼女らしき子が乱入したではありませぬか。

そしてなんやかんやあって、「ちょあー」とかいう気の抜けたかけ声であっという間に盗賊どもを薙ぎ倒してしまったではありませんか!

この幼女は何やつ……?と思っていると幼女に「師匠」と呼ばれるさわやか青年男子がやってきました。ちなみにこの幼女は「エイム」という名前らしい。

そう、この師匠こそ「カンスト勇者様」なのであったのです。名前は「キリ・タカゼキ」。

お、日本人っぽい名前じゃん!この青年が日本から転生してきたんだな!

キリいわく、魔王を倒すためにこの異世界に召喚されたものの、結局別の人間に魔王を倒されてしまい、ちょうどそこにいた「魔王の娘らしき子」がこのエイムであり、エイムを魔王に育て上げいずれ魔王となったエイムを倒すため、キリが日々エイムを鍛え上げているとのことだった……

ほー、なるほどー。王道たる王道の「異世界チート魔術師」的な展開が来るのかな?とか思っていたらそんなことはなかった!

異世界に転生してみたら、自分はめちゃくちゃ強大な魔力をもっており、俺TUEEE無双するような展開ではなかったのです!!

ちなみに今回の世界では魔法は第~階位魔法といって、第十五階位魔法まで使用されたとの記録があり、現在人類が使用できる最高位は第十階位魔法までとのこと。

そんな中、キリが使用できるのは第二五五階位魔法まで使えるという驚愕の事実。

しかし、実際に攻撃として使える魔法は第十五階位魔法までらしく、それ以降の魔法は白米を作り出したりマヨネーズを作り出すというネタ魔法であるという(笑)

この辺は著者:はむばね先生の遊び心がうかがえますね。(ニヤリ

エイム自身の強さはキリには到底及ばないものであるが、強さ自体は相当なものであるらしい。そんなエイムは第十二階位魔法まで使えるよう。

登場の仕方で惑いましたが、主人公はキリ、ヒロインはメイということでいいのしょうか……。あまり自信がないww

ここは私のような素人読者には少し難易度が高かったかもしれませんww

メイ自身はバーキャ王国の姫様だが、複雑な背景を抱えているようで、割と庶民寄りな立ち回りをしてくれて身近に感じやすいヒロインでした。もちろん可愛さも申し分ない。

メイは魔法が使えない代わりに剣術を鍛え込まれており、並の人間よりも頭一つ抜けている強さを持っている。それらをさらに鍛えるという名目のもと、エイムと共にキリに鍛えてもらうことに。

ここからキリ、メイ、エイムの冒険が始まっていくわけです。

もちろん物語なので、圧倒的強さを誇るカンスト勇者のキリにも困難が降りかかるわけで、過去に傷を持つキリ、それに迷走するキリ。そしてそれを正面から支えるメイ。素敵な展開でした。やはり困難があってこそ物語。

 

1巻は主にキリがどれほどの強さを持っているのかが分かり、2巻・3巻とキリの過去やエイムの過去に触れられていき、物語の核心に迫っていくといったところでしょうか。

キリがなぜここまでの圧倒的な強さを得たのか、それは転生したときから?それともこの世界に来てから鍛えて得た力なのか?と読み進めて行くにつれて明かされていくところがワクワク感アゲアゲで読んでいけました。

 

全3巻で完結とはむばね先生があとがきに書かれていたので、おそらく続編はないかと思われます。

3巻でしっかりまとめられた物語なので、非常に面白い作品でした(何様)

興味をもっていただけたらぜひ一度手に取って読んでいただきたいところです。(また何様)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

カンスト勇者の超魔教導<オーバーレイズ> 2 ?今度は盗賊少女とおっさん共を弟子にしてみた? (HJ文庫)

カンスト勇者の超魔教導<オーバーレイズ> 2 ?今度は盗賊少女とおっさん共を弟子にしてみた? (HJ文庫)

 

 

 

カンスト勇者の超魔教導<オーバーレイズ> 3 ~そして彼女は魔王となった~ (HJ文庫)

カンスト勇者の超魔教導<オーバーレイズ> 3 ~そして彼女は魔王となった~ (HJ文庫)