たまやん先輩の雑記ブログ

たまやん先輩の豆ブログ

様々なことをブログに書いていこうと思います。目に留まったものがあればぜひご一読ください。

「ぼくたちは勉強ができない」問124.天才の変貌は時に[x]の進境となる 感想記事

どーも。たまやん先輩です。

 

ぼく勉最新話は驚きの変貌を遂げた理珠回でしたね。

問57.天才の変貌は時に[x]の盲目となる、とは比較対象となる今回。

理珠は長編を経て性格も含めたところが大きく変わったようです。

 

問57は見た目は大きな変化でしたが、中身はそのままといった印象。

表情、気持ちの表出方法などは今までの理珠通り。

見た目の変化だけが大きすぎたため、その変化は成幸には気づけなかった模様。

問57はほんと大学デビューした女子大生感が否めないところがあった気がします(笑)

 

今回の理珠は髪型の変化はあったものの、前回ほどの激変ではなく、それ以外の小さな変化が多かったですね。

香水、ネイル、ネックレスと今までになかった変化。きちんとそこに気づけた成幸は、古橋先生の補修が功を奏したようですね!

しかし、ここまでで女の子の変化に関する問題の正解率50%

残りの50%はなんぞや?

女の子っぽくなった、綺麗になったということ、理珠自身の気持ち的な変化を鈍感成幸さんが気づいてくれたというところで正解率100%!

これで成幸さんは乙女心の本番試験その1はクリア!ということで拍手ですね。

いやー、ほんと古橋師匠との特訓があってこその今回の結果!

成幸!古橋師匠に感謝しろよー!!

 

理珠長編を経て理珠自身が感情というものを自分なりに理解することができたのか、前回の初詣回から『大人の女性』になった感が強いような印象があります。

表情が明るく、その表情から感情が見えるようになったかと。

今まではその表情から理珠自身の感情・真意を読み取ることは難しかったですが、長編を経て自身の感情を表出することができるようになったんだなぁと思います。

 

いやぁ、ほんと理珠がヒロインの中で一番変わったなーと思った今日この頃です。

大人の女性としての魅力もひしひしと感じます。

ただ少し寂しく思うのが、あの機械仕掛けの親指姫』としての振る舞いが理珠の証だったかと思うので、その親指姫的な立ち回りを見れないところです…

自分の感情、他人の感情がわからないからこその立ち回り方が理珠らしい可愛らしさで、また紗和子ちゃんの憧れでもあった他人の言動に左右されないところがあまり見れなくなるのかと思うと少し残念な気がします。

ま、それは理珠自身の成長の結果ということで、受け入れるのです!!

なんか、独り立ちしていく娘を見送るお父さんのような感情です(笑)

きっと理珠パパもそう感じているはず…

理珠りん!パパにも優しくしてあげてね!!

 

次週はなんとSEISAIちゃんこと唯我水希ちゃんの主役回!!

いよいよ幕間から飛び出して暴れまわるんだね!(笑)

楽しみです♩