たまやん先輩の雑記ブログ

たまやん先輩の豆ブログ

様々なことをブログに書いていこうと思います。目に留まったものがあればぜひご一読ください。

Dr.STONE ドクターストーン Z=117 感想記事

どーも。たまやん先輩です。

 

ドクターストーン Z=117『反撃の科学王国』の感想記事を書いていきたいと思います。

 

 

龍水の復活

f:id:TamayanSenpai:20190820205931j:plain

龍水、石化から復活!



コハクちゃんがバラバラにしちゃった龍水も硝酸復活液で見事に復活しましたね。

硝酸のおかげで全人類復活確定!やったね千空!

これに対して司が復活したらどう思うんでしょうね……果たして仲良くやっていけるのだろうか……

 

さて、ここでスイカを誉める龍水はさすがです。スイカは本当に要所要所で素晴らしい活躍を見せてくれるのがうれしいです。

イカを石化させなかった龍水は本当にいい判断をしましたね。

それとここで『海の王』龍水が復活したことは本当に大きい。

龍水って統率力がやっぱりすごいなーと思います。千空はリーダーシップというよりかは天才科学者って感じなので、よりリーダーシップを取れる龍水の存在は大きいですね。

f:id:TamayanSenpai:20190820210537j:plain

千空のヤンチャ計画のやりとり

大方現状の予想はついている龍水ですが、千空の石化光線強奪のヤンチャ計画にはドン引き(笑)

このストーンワールドでドローンを作るという発想がすごいし、それで石化光線を奪うという計画を立てる千空はさすがです。

 

神腕職人:カセキ復活へ

f:id:TamayanSenpai:20190820211225j:plain

カセキ復活へ向けて

やはりドローンを作るにあたって、神の腕を持つカセキの技術がどうしても必要ですね。

カセキはもともとあの村の住人だったわけで、いわゆる原始時代を生き抜いてきた人。

その中で生きてきたわけで、あれだけの技術力を持っていることはすごいと思います。

まさに科学王国の神腕職人カセキですね!

f:id:TamayanSenpai:20190820211301j:plain

ほんとに老人?カセキさん

見た目は老人ですが、やはり長い年月をクロムたちよりも生き抜いてきたわけで、その年月で身につけてきた技術なんですよね。

こういった熟練した技術は若造ではどうにもならない領域

高齢のおじいちゃんキャラにも最適な役割を持たせる理一郎先生さすがです!

 

つい先週のアニメドクターストーンでもクロムのことが取り上げられていましたが、たとえ千空がいなくたって科学を生み出す人、作り上げる人は必ずいるということ。

やはり人間は科学とともに進歩してきたんだなぁと改めて実感。

 

酸素ボンベ作成を

 

f:id:TamayanSenpai:20190820211404j:plain

千空、酸素ボンベ作成を始める

そんなことで、海中に沈められたカセキ本体を探すために酸素ボンベを作ろうと千空が提案。

千空の科学技術への応用力がすごすぎます(笑)

ハンダ付けで固めていくところがリアル……

しかしストーンワールドで作れる酸素ボンベというものは、限界があるよう。

空気をボンベの中にぶち込むのはテコの原理を使っても限界があるよううですねw

てか、スイカの「~だよ」口調が毎度癒やされます……藤原書記を彷彿とさせる「だよ」使い!

ちゃっかり熱くなったボンベを冷やすためにスイカヘルメットを外したスイカがまたお可愛いこと。

酸素ボンベも一回きりということで、より臨場感が出ますね。

 

そして龍水とソユーズの二人で海中探索へ

f:id:TamayanSenpai:20190820211729j:plain

ソユーズの潜在能力とは…?

いざ酸素ボンベをつけて龍水とソユーズが海中を探索。

龍水がソユーズの能力に気づき始めていますね!

ぱっと見はただのモブキャラにしか見えないソユーズですが、ソユーズにも彼方のアストラのアリエスの如く映像記憶能力があるのかもしれません。

一度見たものは忘れないというやつですね。これがソユーズの持つ能力なのではないでしょうか?

真偽のほどは後日連載で明かされることを待ちましょう!

f:id:TamayanSenpai:20190820212237j:plain

科学船ペルセウスの頼もしい乗員たち!

まずカセキから! そしてみんなを復活させていくのです!!

f:id:TamayanSenpai:20190820212402j:plain

カセキ、復活へ!

科学王国の反撃が楽しみですね!

カセキがどのように活躍していくのか、石化光線王国とどのように対峙していくのか!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

それではまた来週!!