たまやん先輩の雑記ブログ

たまやん先輩の豆ブログ

様々なことをブログに書いていこうと思います。目に留まったものがあればぜひご一読ください。

漫画「ぼくたちは勉強ができない」ヒロイン武元うるかの紹介

どーも。たまやん先輩です。

 

今日は「ぼくたちは勉強ができない」のヒロインの一人、武元うるかの紹介をしていきたいと思います。(以下うるかと呼びます)

 

うるかは運動神経抜群で、水泳の圧倒的才能を持っており、超高校級の選手である。

f:id:TamayanSenpai:20190811140939j:plain

通称「白銀の漆黒人魚姫」

日焼けあとがなんともエロい体育会系の美女。

いや、実際にこんな子をプールや海で見かけたら視線に釘を刺されること不可避!!

男性は下半身が言うことを聞かなくなるはずだ! 

 

うるかは主人公の成幸と同中学校出身であり、中学の頃から成幸のことを好きでいる純情乙女なのである!

f:id:TamayanSenpai:20190811150832j:plain

うるかは成幸の一途でずっど思い続けているかわいい純情乙女。

そういうところが本当に愛くるしいなと思う。

えっと、今高校三年生だから、成幸のことを重続けて4年?5年?ぐらいになるのかな?

一人の人を思い続けられる事って素敵!

f:id:TamayanSenpai:20190811142251j:plain

うるかは運動神経抜群であるが、学業の方はからっきし。

スポーツ推薦で大学に入学するために、英語の試験を受けなければならず、文乃・理珠たちと共に成幸に教育係をしてもらうことになる。

その中で成幸に自分に一生懸命にさせようと意気込むうるか。

健気で純情乙女なうるかちゃんに対して、その恋が報われてほしいと思う読者の方も多いのではないだろうか。

 

個人的には主人公のことを当初からずっと好きでいる、というポジション的にはニセコイ」の小野寺さんに近い立ち位置ではないかと個人的には思う。

 

見た目や可愛さ的に言うと、文乃の方が小野寺さん寄りであるかと思うけど、物語内での立ち位置というかポジション的には小野寺さんに近いのはうるかではないかと考えている。(あくまで個人的見解)

 

さて、うるかの他の長所について触れていきたいと思う!

運動神経抜群で脳筋ぶっぱ系な見た目のうるかであるが、意外なことに料理の腕は抜群!!

f:id:TamayanSenpai:20190811143347j:plain

なーんか裸エプロンみたいでエロいなぁ。

紫外線に染められた肌がなんとも妖艶な色気を醸し出す。

f:id:TamayanSenpai:20190811143409j:plain

ぼく勉のヒロインの中で突出した嫁力の高さ!!

おそらくぼく勉の中でNo.1の嫁力を誇るうるか!!

うるかの欠点って勉強ができないことだけなんじゃないかな?

運動新家抜群で容姿端麗で嫁力抜群で好きな人に一途なうるかは恋人、嫁としては最高のスペックなのではないだろうか。

 

敢えて損得感情も入れて考えてみると、うるかの水泳の実力は超高校級を超えて日本代表級、いや世界でもトップレベルに入るかもしれない才能の持ち主である。

そうすればおそらく相当なお金も稼ぐであろうこと、社会的地位も高くなりそうな予感。

そんな子を嫁にできれば最高なのではないだろうか!もう成幸は専業主夫でもいいかもね!!かの比企谷八幡の憧れのポジションではないか!

ま、もしくは成幸も勉強を頑張って高給取りのビジネスマンになって夫婦とも世間に誇れる家庭にするのもいいかも、と成幸とうるかの未来について妄想している今日この頃です。

 

あと、どーでもいいことかもしれないが、うるかは成幸のち●ちんを見た唯一のヒロインということ。

f:id:TamayanSenpai:20190811144411j:plain

これは風呂でお互いが電話しているときに、うるかが間違ってビデオ通話ボタンを押してしまった時に起こった放送事故である。

もうこれは肉体的関係といって過言ではないと思う。(いや、過言か)

これが今後の何かしらの伏線となるようなことがあれば、筒井先生マジ神。

 

と、そんなうるかだが、長年成幸を思い続けているものの、今だに自分の気持ちを伝えられないでいる。

同じ部活の友人の川瀬、海原に成幸に告白するように何度も言われるのであるが、言い出せていない状況が現在も続いている。

f:id:TamayanSenpai:20190811145055j:plain

うるか自身、告白してもしダメだった場合、きっと今の関係ではいられないだろうと考えているからである。

その気持ちはよくわかるなー。親しい友人に恋心を抱いたことのある私自身、告白してダメだった場合のことを考えて結局告白しなかったこともある。

そんなヘタレさはうるかの欠点ではないかと思うかもしれないが、かといって他のヒロインが正面から成幸に自分の気持ちをぶつけられるのかというと、おそらくそれは否であろう。

f:id:TamayanSenpai:20190811145552j:plain




うるかと成幸の関係が今後どのような形で進んでいくのか、それは今現在も明らかにはなっていない。

その行く末を知るのは作者の筒井先生のみ。

どうか長年思い続けた恋が実ってほしいと切実に願っているが、どうか悲しい結末にはならないでほしいと思う。

 

きっと作者の筒井先生はうるかも成幸も読者も幸せになれるような結末を描いてくれると、私はそう思う。

 

なんかしんみりした雰囲気になっちゃいましたね(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m